ドッグフードで十分?

ドッグフードで十分?

 

ドッグフードを選ぶときに、何を基準に選んでいますか?
主成分である肉の種類ですか?メーカー名ですか?

 

最近では、ドッグフードも高品質化が進み、様々な工夫がされた製品があります。

 

では、高品質で総合栄養食を記載のあるドッグフードであれば、健康を考えるうえで、十分といえるのでしょうか?

 

ドッグフードは、含有水分量を15%未満にすることで、ドライフードとして完成します。

 

 

しかし、新鮮な肉や魚、野菜から、ここまで水分を取り除くには、高温のオーブンで焼き上げたり、油で揚げたりと相当な高温で長時間の加熱処理を施さなければなりません。

 

しかし、ビタミンなどの栄養成分は熱に弱く、製造過程で加熱することで有効な成分を喪失してしまいます。

 

本来の素材には含まれていたはずの栄養素が、完成品になるまでの工程で喪失されてしまっているのでは、栄養バランスが十分とはいえないのです。

 

ですから、それぞれの健康状態に合わせて必要な栄養成分を再添加してあげることが、サプリメントを与える意義なのです。

 

シニアであれば関節の痛みの緩和や口臭対策、胃腸の不調を整える効果のあるものを、若く健康な時には、ビタミンやミネラル、歯磨き効果のあるものをと。

 

日々の生活の中で気になる点をしっかりと把握し、どのような栄養成分を再添加してあげたらいいのかぜひ考えてあげたいものです。

 

またライフステージの変化とともにサプリメントも都度見直しをしてあげるとよいでしょう。