犬に人間用サプリは大丈夫?

犬に人間用サプリメントはOK?

 

犬の病気治療に、人間の薬が併用されているということをご存知の方も多いでしょう。

 

有名なものでは、胃腸薬のビオフェルミンが代表格です。実は、他にも想像以上に多くの人間用薬剤が動物医療の現場で活用されています。

 

では、医薬品ではない、サプリメントも容量を調整すれば、人間用の製品を犬に併用できるのでしょうか?

 

動物病院で相談をすると大抵の場合、「犬専用」を与えるように言われることでしょう。

 

確かに、人間用のサプリメントは容量が人間用に調整されていますので、この点では犬用がいいといえるのです。

 

ですが、犬用の場合、人間用製品ほど厳密な製造基準や品質管理がされていないことも多く、中には海外から個人で輸入し、パッケージを張替えただけという場合も多々あります。

 

成分に関しても、●●配合と記載されてはいるものの、その分量が明確に記載されていませんから、笑い話として、25mプールに、スポイトで●●という成分を1滴たらしても、「配合」と記載できるなどというものもあるほどです。

 

つまり成分の安心度という意味では人間用も弊害はないでしょう。

 

ただし、小さな犬の体重に合わせた容量の調整は手がかかるものです。

 

また、サプリメントはあくまでも栄養補助食品ですから、過剰摂取という症例もさほどなく、特殊なものでない限り、健康被害も心配はないといえるでしょう。

 

サプリメントを活用する場合には、一概に価格やメーカー名にとらわれるのではなく、効果効能、成分をしっかりと確認しましょう。

 

また、今や効果効能のある製品や、信頼できる製品であれば、かならずやネット上に口コミや使用者の声が反映されているものです。

 

実際に使用したうえでの意見もぜひ参考にしたいものです。