犬の癌治療費

犬の癌治療費

 

癌の治療費は各動物病院によって大きく異なります。

 

ペット保険を扱う会社の統計によると平均して30万円ほどが相場とされています。

 

しかし、病院によっては、30万円は手術費用のみとする場合もあれば、術前の検査、術後の療養期間も含めてという場合もあり、実際の金額には大きな開きがあります。

 

治療法も、癌の部位1か所摘出の場合の金額でもあれば、全身の発癌部位の摘出とする場合もあります。

 

 

このように、同じ部位の癌であっても、病院ごとに治療方法、費用は大きくことなりますので、長年のかかりつけ医であっても、手術前に詳細の確認を必ず行い、書面で費用の概算を受け取るようにしておくと安心でしょう。

 

また、最近では、各動物病院ごとに治療の方針や医療設備も大きく異なっていますから、いくつかの動物病院を受診し、無理なく治療できる動物病院を探してもよいでしょう。

 

【どうして病院ごとに違うの】

 

動物病院の診療費、処置費用は、病院ごとに大きく異なります。

 

ワクチン接種費用やフィラリアの薬代は、各地域の獣医師会での取り決めがあり、同じ地域内では同価格にと決められていますが、初診料、処置費用、手術費用、入院費用はそれぞれの病院ごとに自由に設定されています。

 

ですから癌の治療に関しても薬代はさほど大きな開きはないものの、手術代、入院費用には動物病院ごとに大きな開きがあるでしょう。

 

治療は時間もお金もかさむものです。ぜひセカンドオピニオンを積極的にうけましょう。