犬のボディーチェック

犬のボディーチェック

 

時間のある時は、犬のボディーチェックをしてあげましょう。
コミュニケーションモはかれますし、病気の早期発見にもつながります。

 

癌の治療には早期発見、早期治療が何よりです。
癌を発症する場合、たいていはシニアと呼ばれる年齢のことが多いでしょう。

 

ですから全身麻酔を必要とする手術はより早期であるに越したことがないうえに、早期であれば転移の前に除去できる可能性も高くなるからです。

 

ペットのシャンプーは自宅で済ませていますか?それともトリミングショップを利用していますか?

 

今や小型犬が主流なこともあり、ある大手ペットショップの行ったアンケート調査によると、トリミングショップを定期的に利用する家庭というのは3割ほどということです。

 

中には、生涯一度も利用せずに済ませることも少なくないとのことです。

 

しかし、実は、トリミングショップは美容以外にも大変有意義な活用方法があります。
それは、健康管理です。

 

トリミングショップでは、シャンプーをする際には、全身にくまなく触れ、ドライヤーをするときには、毛の根元まで風を当て皮膚の状態を確認できます。

 

ですから、飼い主がまだ気が付いていない皮膚疾患や小さな腫瘍、体の異変を早期に発見することができるのです。

 

自宅でシャンプーをする、ブラッシングをすることもとても大切ですが、定期的にプロの目で異変の有無の確認をしてもらうということもシニア期を迎えてからはとても大切です。

 

動物病院での健康診断は一般的に触診と血液検査が行われます。
健康診断と並行して定期的なトリミングショップの利用を行うと健康管理はより万全と言えることでしょう。