愛犬が癌と告知された際に

癌治療の現状を知ることから

 

残念ながら現在の動物医療では、早期と呼ばれる癌でも安定して抑えることは難しく、転移・再発するケースは少なくありません。最も抗癌剤が効くといわれる悪性リンパ腫でも、癌細胞を完全に取り除くことは難しいのです。癌治療において「これが正解」というものはありません。

 

しかし、飼い主様の選択をより良いものにするためには、まず、癌治療の現状を知ることが重要だと思います。そして、愛犬に何をしてあげられるのか、考えていくことが大切なのではないでしょうか。

 

 

癌をコントロールするという考え方

 

癌細胞を完全に取り除くことは難しいですが、「癌をうまくコントロールしよう」と考え方を変えれば、それは実現可能な目標になります。愛犬の本来の寿命まで、癌細胞が増えるスピードを抑えることができれば、癌を制圧できたといえるのではないでしょうか。

 

 

食事で免疫力を高める

 

癌をコントロールする取り組みとして、おすすめなのは、食事を工夫して愛犬の免疫力を高めることです。一例としては、以下のような取り組みが挙げられます。

 

癌細胞のエサとなる糖質を制限する
体力をつけるため、たんぱく質などの栄養素をバランスよく与える

 

この方法で必ず成果が得られるとはいえませんが、リスクがほとんどなく、手術や抗癌剤と並行して取り組めるというメリットがあります。

 

 

弊社では高品質なサプリメントを販売しております。犬の健康に必要不可欠な栄養素が豊富に含まれており、安心してお使いいただけるよう、原料や製法にこだわりました。是非一度、サプリメントをお試しいただければ幸いです。