愛犬が癌になる前に

 

愛犬が癌になる前に

 

犬の癌を100%予防することは難しいですが、発症するリスクを最小限に抑えるために、今からできることはたくさんあります。犬の癌の予防法として有効な手段を、いくつかご紹介します。

 

定期的に健康診断を受ける

 

犬の健康を保つためには、人間と同様病気の早期発見が重要です。そのためにも、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。健康診断の内容には、血液検査や尿検査、レントゲン、エコー検査などがあります。

 

汚染物質を避ける

 

屋外に出ていることが多い犬は、汚染物質の影響を受けやすいため注意が必要です。犬にとって汚染物質となるものには、殺虫剤やアスベスト、排気ガス、放射線、火山灰、電磁波などがあります。これらの汚染物質は、メラノーマの原因にもなりますので、なるべく避けたいものです。

 

運動で肥満を防ぐ

 

定期的な運動をさせることで、免疫機構の中心であるリンパの流れが良くなります。また、定期的な運動によって肥満を防ぐことが可能です。肥満の犬は、癌や感染症にかかりやすいといわれています。間食は控えて、定期的な運動によって肥満を防ぐことが大切です。

 

避妊・去勢手術

 

卵巣癌や精巣癌などの特定の癌に関しては、避妊・去勢手術によって防ぐことが可能です。しかし、早期に避妊・去勢手術をすると、別の病気の発症リスクが高まる場合があります。手術を受けさせる前に、十分な情報収集をすることをおすすめします。

 

ストレスを解消する

 

犬も、人間と同じように精神的なストレスを感じます。このストレスが強くなると、健康上のトラブルに繋がることがあります。散歩時間が長い、留守番をしている時間がほとんどない、大きなサークルで飼われている犬は、ストレスが溜まりにくいといわれています。

 

犬の免疫力は、毎日の生活習慣や生活環境の影響を受けて変化していきます。全てを改善するのは簡単ではありませんが、できるところから始めることが大切です。弊社が通販で提供しているコルディMは、愛犬の健康を維持するサプリメントとして、お役立ていただけると思います。