【犬の癌】

【犬の癌】記事一覧

愛犬が癌になる前に

愛犬が癌になる前に犬の癌を100%予防することは難しいですが、発症するリスクを最小限に抑えるために、今からできることはたくさんあります。犬の癌の予防法として有効な手段を、いくつかご紹介します。定期的に健康診断を受ける犬の健康を保つためには、人間と同様病気の早期発見が重要です。そのためにも、定期的に健...

≫続きを読む

愛犬が癌と告知された際に

癌治療の現状を知ることから残念ながら現在の動物医療では、早期と呼ばれる癌でも安定して抑えることは難しく、転移・再発するケースは少なくありません。最も抗癌剤が効くといわれる悪性リンパ腫でも、癌細胞を完全に取り除くことは難しいのです。癌治療において「これが正解」というものはありません。しかし、飼い主様の...

≫続きを読む

犬の癌と生活習慣

犬の癌と生活習慣癌になる原因について興味を持っている人もいることでしょう。身近で癌になった人やペットがいれば、なおさらのことと思います。家族や自分の健康を考えて、癌を発祥しないような体作りを心がけたいところです。癌ですが、生活習慣とも大きな関わりがあります。生活習慣ですが、大人になるとそれぞれパター...

≫続きを読む

乳腺除去は受けるべき?

乳腺除去は受けるべき?犬の癌の一種に、乳癌、乳腺癌があります。この癌は、乳腺にそってしこりができるので、普段から飼い主の触れる部位でもある上に、動物病院での触診などでも早期に発見される場合が多い癌です。この癌の治療の方法として、乳腺除去という方法があります。避妊をしている場合は特に勧められる傾向が高...

≫続きを読む

犬に腫瘍ができてしまったら?

腫瘍ができてしまったら?癌の症状の一つに、「しこり」ができると耳にしたことがある方もおおいでしょう。シニアになり、気が付いたらこんなところにと思うような場所に小さなしこりが・・・。でも、いざとなると動物病院の受診のタイミングを悩んでしまいませんか?小さなしこりだから、まだ様子見でいい?それとも治療の...

≫続きを読む

犬の癌保険は加入すべき?

犬のための癌保険は加入すべき?最近話題のペットの為の医療保険。数ある保険会社からどの保険を選べばいいの?そもそも保険には加入すべき?癌専門の保険はあるの?犬の保険はここ数年で飛躍的に取り扱い会社数が増え、特に高額な治療費の生じる癌に関する補償内容も会社により多種多様です。そもそも犬の病気治療は癌に関...

≫続きを読む

ドッグフードで癌になる?!

ドッグフードで癌になる?!ドライフードを毎日与えていると合成保存量や添加物が原因で癌を発症してしまうという話を耳にしたことがある方も多いでしょう。確かに、ドッグフードが一般的に市場に流通し始めるようになってから、犬の発癌率は大幅に増えたというデータもあります。日本でドッグフードの流通がこれほどまでに...

≫続きを読む

癌に対する発想の転換を

癌に対する発想の転換を今や、犬にも癌という病気があるということは、犬と暮らすうえで当たり前のように知られている事実です。ですが、何より大切な家族ですから、癌にかからずに長生きしてほしいとはだれもが願うことでしょう。ネットや雑誌を読んでも、癌になった後の体験談は多数目にするものの、予防策についてはまだ...

≫続きを読む

犬の臭覚と癌

犬の臭覚と癌海外の犬に関するニュースの中に時折、犬が飼い主の癌をかぎ分け、体調の異変を知らせたという話題があります。また、ある犬は、病院で数名の患者を前にし、癌患者の前でだけ立ち止まり合図をしたこともあるそうです。このような特殊能力に関する話題は、日本ではあまり取り上げられませんが、海外で育った犬に...

≫続きを読む

犬が癌になったら入院期間は?

犬が癌になったら入院期間は?癌の摘出手術を受けることになれば、入院日数も考え、家族のスケジュールの調整が必要になることでしょう。でも、入院は何日くらい必要なのでしょうか?癌の摘出箇所や体の大きさ、体力の回復具合にもよりますが、大抵の場合、当日もしくは翌日には自力での歩行が可能になります。しかし、歩行...

≫続きを読む

犬のドライフードは今のままで大丈夫?

ドライフードはこのままで大丈夫?癌の症状の一つに食欲不振があります。高品質だから、有名メーカーのフードだから選ぶのではなく、癌になったからこそ選んでほしいドッグフードがあります。実は、最近の研究で、癌細胞は、ブドウ糖が大好物だということが分かってきています。ブドウ糖と聞くと、血糖値や糖尿病を思い浮か...

≫続きを読む

犬の癌治療費

犬の癌治療費癌の治療費は各動物病院によって大きく異なります。ペット保険を扱う会社の統計によると平均して30万円ほどが相場とされています。しかし、病院によっては、30万円は手術費用のみとする場合もあれば、術前の検査、術後の療養期間も含めてという場合もあり、実際の金額には大きな開きがあります。治療法も、...

≫続きを読む

犬が癌になるとうつる?

犬が癌になるとうつる?犬が癌になった後、家族として暮らしていた人間も癌になった。犬の癌が人間にもうつってしまったという話題があります。そもそも犬の癌は周りにうつってしまうのでしょうか?実際には、犬も人間もどちらの癌も伝染病ではありませんから、お互いに癌がうつるということはありません。うつるというのは...

≫続きを読む

犬の断尾や断脚

犬の断尾や断脚癌の治療法として獣医師から、断尾や断脚を提案される場合があります。癌になってしまったというだけでも、不安や戸惑いなどの辛さを味わっている上に、前向きな治療であるとはいえ、体の一部を失ってしあうともなれば、想像しただけでもとてもショックなことでしょう。確かに、早期であれば発癌部位を除去し...

≫続きを読む

鼻のがん

愛犬の鼻にがん?ふと気がつくと、犬が鼻を怪我した?のか、一部分だけピンク色になってしまっていることがあるでしょう。どこかですりむいてしまったのかと思い、大抵の場合は数日で元の色に戻りますが、もし、何日たっても元に戻らない場合、念のため、動物病院で検査をしてみてもいいでしょう。実は、鼻にできる癌という...

≫続きを読む

癌を発症しやすい犬種

癌を発症しやすい犬種犬にも人間と同じ病気が発症すると聞き、驚かれる方も非常に多いものです。動物病院で診断を受け、初めてその事実を突きつけられる場合もあるでしょう。犬の病気の中でも、非常に深刻な病気は人間同様に癌です。癌ともなれば、その痛みや苦痛、日に日に痩せてしまう姿に家族として非常に心苦しいもので...

≫続きを読む

雑種犬は癌にならない?

雑種犬は癌にならない?純血種より、雑種の方が健康で長生きをする、体が丈夫だという通説があります。実はこの説はあながち間違えではありません。ここでの「雑種」というのは、最近話題のハーフ犬、デザイン犬と呼ばれるような、両親は純血種である一代雑種ではありません。代々の血筋の中で何種類もの犬種、血筋が交雑さ...

≫続きを読む

犬のボディーチェック

犬のボディーチェック時間のある時は、犬のボディーチェックをしてあげましょう。コミュニケーションモはかれますし、病気の早期発見にもつながります。癌の治療には早期発見、早期治療が何よりです。癌を発症する場合、たいていはシニアと呼ばれる年齢のことが多いでしょう。ですから全身麻酔を必要とする手術はより早期で...

≫続きを読む

ペットの大学病院

ペットの大学病院って・・・?!犬が癌を発症したとき、かかりつけ医をどこにするのか迷うことでしょう。地元で有名な病院、癌の専門医としてHPが充実している病院等々判断に迷うものです。実は、犬の癌治療にも、人間同様に「大学病院」という選択肢があることをご存知な方は意外にも少ないのではないでしょうか。最新の...

≫続きを読む

犬の歩き方の変化

犬の歩き方の変化シニアになると、徐々に歩行がゆっくりになり、時には住み慣れて家の中で転んでしまったりすることもあるでしょう。大型犬であれば、立ち上がるときに、体をよろめいてしまうことも。歩行が困難になる理由は高齢というだけではありません。実は気づかぬ間に、骨の癌が発症していて、その痛みや不快感から歩...

≫続きを読む