抗がん剤ー吐き気―

抗がん剤ー吐き気―

 

がんを宣告されて抗がん剤治療をするといった人もいることでしょう。
治療を前に、とても怖い思いをされている方もいることと思います。

 

抗がん剤についてはとても強い薬で、耐え難い苦痛が待ち受けています。
こうしたことから、抗がん剤をできれば使いたくないといった人もいるわけです。

 

また治療をしないと決断する人もいます。
これもまた選択の1つです。

 

実際に寿命がもうあらかじめ決まっているのであれば、痛みや辛い思いをして治療するよりも余暇を楽しみたいといった思いがあるのは当然のことといえます。

 

抗がん剤で治療した場合、食べ物についても好きなものを食べることは難しくなります。

 

また吐き気がひどい場合もあります。


吐き気については、抗癌剤の症状の1つです。

 

辛くて苦しい思いをすることでしょう。
抗がん剤については、吐き気についても作用の1つです。

 

吐き気がずっと止まらないといった人もいます。
そんな中食事をしろといわれても、ご飯がのどを通るわけはありません。

 

こうしたことから治療の影響で、極端にやせてしまう人もいます。
食欲についてもわかないといった人も少なくありません。

 

吐き気ですが、通常の状態でも気持ち悪いものです。
それがずっと続くとなれば、相当辛いのは目に見えることと思います。

 

がんについてはこのように苦行の連続であり、苦しさにまぎれて治療にのぞむより他ありません。
あまりの辛さに、治療を断念する人も多いそうです。

 

食べるものもろくに食べられない状態だと、治療どころではないといった気持ちもよくわかります。
このように状況としてはけっしていいものではありません。

れでも完治する日を信じて、治療に励むといった人もいます。
極端な話ですが、吐き気が強くて死ぬことはありません。

 

ここはぐっとこらえて、完治に向けてがんばることが大事です。
きっと努力は報われるはずです。

 

また家族と楽しく暮らせる日が訪れることでしょう。
早く病気も完治し、また吐き気もおさまるといいですね。