抗がん剤―体重減少―

抗がん剤―体重減少―

 

がんになると体重が減るといったことを耳にしたことがある人もいることと思います。
特にそうしたことが目立つのが食道がんです。

 

食道がんの場合、食べ物への影響も強く出ます。
またその他、治療にあたって抗癌剤を使うことから体重が減ってしまうケースも多々あります。

 

 

抗癌剤の副作用で食欲が大幅に減ってしまったという人もいることでしょう。
何も食べられないため、アイスクリームをなんとか食べていたという人もいるほど辛い症状の人もいます。

 

抗癌剤については病気と同じくらい、いやそれ以上に目に見えて辛いことが起こるものです。
あまりにの辛さに、家族も治療をやめてもいいと声をかけたくなるほどです。

 

また治療しても必ずしも治るとはかぎらず、特にがんの場合は治らない確率のほうが強いケースもあります。

 

 

 

最初から治療をしないといった人もいますが、これは悪いことではなくむしろプラス効果になることもあります。

 

もともと太っている人は、それこそ体重が減ったほうが良いといったケースも多いですが、中肉中背の人は体重が減ると体力の減少にもつながってきます。
できれば体重をキープした状態がベストです。

 

しかしそうはなかなかいかず、実際にがんになったことが原因で10kg近く体重が落ちたという人もいます。

 

また体重が落ちても、薬の副作用で顔がパンパンになっている人も少なくありません。

 

このように抗癌剤治療については周りからみても明らかに変化がわかるケースが少なくないのです。

 

病気についてはなぜなるのか、今だに解明されていない部分も少なくありません。
がんについても同じことがいえます。

 

抗癌剤についてはがんを治したり、抑えるのに有効といわれていますが、必ずきくとも限らず、結果的にただ苦しみ続けているといった人も多いのが現状です。

 

本人としても体重減少を阻止したいと思っていることと思いますが、なかなか阻止できない場合も少なくありません。

 

今できることを精一杯やってみて、少しでも体重減少を食い止めたいところです。