抗がん剤―全身の辛さ―

抗がん剤―全身の辛さ―

 

がんの治療がスタートしたという人の中には、抗癌剤を使っている人もいることでしょう。
がんの治療において、抗癌剤は定番中の定番といえる薬となっています。

 

抗癌剤ですが、とにかく副作用がひどく副作用で苦しむ人が後をたちません。
薬については全般に副作用があるものです。

 

しかしあまり気にならない程度のものも少なくありません。
例えば風邪などについては、そこまで強い薬ではないので副作用についてもそんなに深刻ではありません。

 

ちょっと眠気があるといった程度の場合もあります。
こうした形で副作用は日常使う薬については、そこまで感じることはありません。

 

 

抗癌剤の治療ですが「全身がつらい」という位強い副作用がありあす。
この辛さは実際にやった経験がある人しかわからない辛さです。

 

副作用でどんどん体は変化していき、普通に話すこともままならない人もいるほどです。
これほど強力な薬を使っても、結果的には治らないあるいは死に至るといった人も少なくありません。

 

あらためていかにがんが大変な病気であるか、わかることと思います。

 

辛いのはしょうがないですが、全身が辛いとなるとそれこそ治療を中断したいほど辛い痛みとなります。

 

 

 

しかし中断することはできず、ただひたすら耐えるといった人がほとんどです。
ゴールが見えていれば、我慢もできますが一体いつまで続くかわからない治療を受け続けるのは苦痛以外の何者でもありません。

 

治療についてはぜひとも受けるかどうかも含めて、じっくりと検討したいところです。
中には抗癌剤の治療をしないほうが、長生きできたり、経過がいいといった場合もあります。

 

全身が辛いと精神的にも追い詰められます。
人間の体の状態と精神面については、つながりも深いことからメンタルケアについても欠かすことができません。

 

少しでも早く、体が楽になる日が訪れるといいですね。
きっとそうした日は必ず来ることと思います。

 

あと少し、この辛さに耐えればきっとゴールは見えてくるはずです。