抗癌剤―食欲不振―

抗癌剤―食欲不振―

 

癌のため抗癌剤治療を予定されている方もいることと思いますが、抗癌剤治療は想像以上に大変なケースがほとんどです。

 

テレビなどでも見たことがあるかと思いますが、抗癌剤は体にとっても大変辛いものであり、それこそ体力勝負となります。

 

まずは食欲がなくなります。

 

あまりにも副作用が辛く、また吐き気などが生じる場合もあることから本来人間にあるべき食欲が、全くわかない状況になってしまうのです。

 

これは非常事態ですね。

 

しかし癌については体力勝負です。
体力がないと、病気に打ち勝つことができません。

 

それこそ無理をしてでも食べることが大事です。
癌患者については急激にやせてしまう人も多いのはそうした理由からです。

 

もちろんがんが原因でやせてしまう人もいます。
また副作用が原因でやせてしまう人もいるわけです。

 

食欲については抗癌剤治療がひと段落しないと、元にもどらない可能性があります。
抗癌剤治療についてはある程度期間が設定されていることから、ひと段落したらまたきっとおいしいものを食べることができることでしょう。

 

副作用で食欲がない気持ちもよく理解できますが、ここはなるべく無理をしてでも食べるようにしましょう。
体の基本は体力です。
どんな病気でも最後は体力勝負となります。

 

食べることは基本中の基本であり、これも義務の1つだと思いがんばることが大事です。
抗癌剤治療ですが、人間の本能である食欲についても低減させてしまうものです。

 

こうしたことから治療前はそれこそおいしいものを存分に食べて多いに満喫したいところですね。
そして治療期間はぐっとこらえ、ひたすら耐えることが大事です。

 

また自分に負けない意思の強さを持ち合わせることも大事なポイントです。
抗癌剤については大変強い薬であり、また副作用は恐ろしいものですが、必ず治ると信じて治療に臨みたいところですね。

 

いつか食欲がもどり、普通にご飯が食べられる日は来るはずです。
その日に向けてぜひがんばってください。