抗がん剤―口内炎―

抗がん剤―口内炎―

 

がん治療で抗癌剤を投与する予定の人もいることでしょう。
抗癌剤については最初医師から副作用についての説明があることと思います。

 

 

副作用は人それぞれで、症状の強さも人によって異なります。
多くの人は抗癌剤の副作用に相当苦しみます。

 

ほとんど症状が出なかったというラッキーな人もいますが、これはごくまれと思って間違いありません。
抗癌剤についてはこのように非常にリスクもあるものです。

 

それでもがんについては、抗癌剤で治る見込みがあるだけでもラッキーといえます。

 

 

もう治療が無理だったり、根本的に治療が無理な場所にがんが発見されるケースもあるわけです。

 

こうしたことから、がんについてはそれこそ家族全員で向き合わなくてはならない病気となっています。
抗癌剤ですが、口内炎がひどいといった症状もあります。

 

口内炎は生活習慣が乱れたときに発生しやすく、多くの人は1度は経験されたことがあるのではないでしょうか。
口内炎については薬を塗ることで治ることもありますが、抗癌剤を使った場合、口中が口内炎だらけといった人もいます。

 

となると当然食べ物を食べることは困難です。
さらにのどにつばを飲み込むことが難しい場合もあります。

 

ただひたすら辛いけれど、耐えなくてはならないものです。
がんの抗癌剤治療では、こんなにも口内炎が出るなんてと驚かれる人も少なくないようです。

 

それこそ口中が口内炎だらけなので、想像もつかないほどの量かと思います。
がんの精神的苦痛、そして副作用の辛さ、さらに口内炎とこれでもかと思うほど苦難は何度も何度も押し寄せてきます。

 

しかしここでめげるわけには行きません。
治ったら家族も喜びこと間違いなしです。

 

辛い治療に耐え、完治させたいところですね。
がんについては、1度だけではなく何度も何度もこうした道を通らなければなりません。

 

そこでも治るかどうか、まさしくかけの状態です。
治療については辛いものがあります。

 

悲観する気持ちはよく理解できますが、まずはやれることをがんばってみてください。