抗がん剤―だるい―

抗がん剤―だるい―

 

がんになった人や犬は、何らかの治療を受けることになることと思います。
手術をしたり、抗がん剤治療をしたり、病原や位置、また症状によっても異なります。

 

がんですが、みなさんもご存知のとおり相当難しい病気であり、がんが原因で亡くなる人や犬は後をたちません。
こうしたことから、がんに絶望される方も少なくないわけです。

 

そうした病気ですが抗がん剤治療で見事に回復した、あるいは進行を食い止めることに成功したという例もたくさんあります。
そうした希望を持って、ぜひとも治療にあたりたいところです。

 

ではなぜここまで抗癌剤治療は辛いといわれているのか。


それは副作用が主な原因です。

 

風邪をひいたとき、薬を飲むのが一般的です。
薬を飲んで早く痛みや苦痛を治めたいといった人が多いことでしょう。

 

確かにそうした効果はありますが、薬については副作用がつきものであり、必ずといっていいほど副作用があります。
副作用があるとどういったことが生じるのか?というと、
のどが渇いたり、痛みがあったり、吐き気がしたり、さまざまです。

 

そうした症状をさらに強くさせたのが抗がん剤治療となっています。
抗がん剤治療の副作用の中には「だるさ」についてもよく言われる症状です。

 

体全体がだるくなり、何もする気が起きなくなります。
だるいといった症状は、風邪で朦朧としているときなどまさしくそうですよね。

 

そうした点からもだるいのは辛いことと思います。
副作用でだるいといった症状が出ているため、当然ながら抗癌剤治療をやめれば、体調も普通どおりに戻るわけです。

 

早く治って、抗がん剤を使わなくていい日が訪れるといいですね。
がん治療についてはあまりの辛さに中断してしまう人も少なくありません。

 

もしそうした日が訪れたら、いつか完治する日を思い浮かべてください。
家族でおいしいものを食べらたり、どこかいける日がきっとくるはずです。

 

抗がん剤を受ける上でだるさについてもあらかじめ覚悟しておきましょう。
だるさについても早めに解消されるといいですね。