免疫力とは?

免疫力とは?

 

 

免疫力とは、ウイルスや細菌といったカラダに有害な物質が体内に侵入するのを防いだり、体内で発生した癌細胞を死滅させるなどしてカラダの健康を守る自己防衛機能のことです。

 

私たちが健康を保つことができているのは、免疫力が身体の至るところで機能している為です。

 

この免疫力において重要な役割を担っているのが血液中にある「白血球」で、免疫細胞とも言われています。

 

免疫細胞にはいろいろな種類があり、外からの細菌、ウィルス、異物などの侵入を見つけると直ちに攻撃を開始します。また、攻撃開始の指令を出す役割も備えています。

 

それぞれが独自の機能を兼ね備えているのです。これら免疫細胞が互いに連携することで、細菌やウイルス、癌細胞などと戦っています。

 

これらの免疫細胞の中でも、元々備わっている防御機能の「自然免疫系」と、さまざまな病原菌に感染することで得られる「獲得免疫系」に分けられ、2つの連携プレーによってカラダは守られています。

 

「自然免疫系」が24時間いつでも監視して、病原菌を発見すると直ちに攻撃を開始します。それでも「自然免疫系」が防ぎきれない病原体が侵入してきた場合は、「獲得免疫系」が対応し、攻撃を始めます。

 

「獲得免疫系」は、さまざまな病原体と戦った情報を記憶し、二度目に同じ病原体が侵入した時は、その病原体に対する武器となる「抗体」を作り撃退します。

 

一度かかった病気になりにくいのは、獲得免疫系の「免疫力」のひとつの働きなのです。はしかやおたふく風邪のように、一度発症すると一生免疫が続くことを「終生免疫」と言います。

 

健康維持のために重要な免疫力ですが、年齢とともに低下していきます。これは、免疫細胞の中でも重要な役割を果たす、NK(ナチュラルキラー)細胞が加齢により衰えるためだとされています。

 

高齢者に癌患者や感染症での死亡が多いのは、この免疫力の低下も関係していると考えられています。

 

また、加齢だけでなく、生活習慣やストレス、環境によっても免疫力が低下することがわかっています。こうしたタイプは「現代型免疫低下」と呼ばれ、近年増加傾向にあります。

 

そのため、高齢者に限らず、若い年代でも、免疫力を高める方法や、免疫力低下の原因を知ることは大切なのです。

 

当然、ペットである犬や猫も動物である以上、このことは当てはまります。近年の犬の癌や猫のがんが多くなっていることは、飼い主にとっては大きな問題です。人間同様、免疫力を高めて病気になりにくい健康管理を心がけてあげましょう。