スポーツ選手も注目する冬虫夏草

スポーツ選手も注目する冬虫夏草

 

冬虫夏草とは、漢字を見ると何かの薬草のようですが、実はキノコです。


といっても、通常木に生えるしいたけなどとは異なって、蜘蛛などの昆虫に寄生します。

 

冬虫夏草は、多くのスポーツ選手が愛用していることでも有名です。

 

漢方の生薬で、日本ではさほど知られていませんでしたが、一躍注目を浴びるきっかけとなったのは、スポーツ界で起きた衝撃的なニュースでした。

 

1993年、ドイツで開催された世界陸上選手権で、中国選手が金、銀、銅メダルを独占したのです。

 

さらに、同年の中国全国運動会では、次々と世界新記録を更新しました。
当時、中国の陸上選手は世界の中では平均的な記録で、あまり注目されていませんでした。

 

しかし、この圧倒的、驚異的な強さを目の当たりにして、その秘密は何なのか、当然メディアも着目しました。

 

そこで、馬俊仁コーチが率いる、「馬軍団」は、冬虫夏草とスッポンが入ったスタミナドリンクを飲んで、日々練習に励んでいたことが明らかになったのです。

 

これは、馬コーチが選手のために時間をかけて独自に開発したものでした。
世界の舞台でメダルを取るためには、強豪ライバルのさらに上をいくトレーニングをこなさなければなりません。

 

そのためには、怪我をしにくい、そして疲労を蓄積しない身体作りが欠かせません。
そこで、体力強化、疲労回復のために、漢方薬として珍重されていた冬虫夏草が使われたのです。

 

主な効能は、肺機能を高める、耐久性を強くする、赤血球を増加させることなどで、爆発的に運動能力を高めるものです。

 

スポーツ選手にとって、怪我、貧血、スタミナ不足は、克服しなければならない大きな課題です。

 

そのため、こうした特長のある冬虫夏草は、まさに神のような存在といえます。

 

また、冬虫夏草は肺や腎臓を強めるとされていて、喘息の人にとっても重宝されています。
このように、冬虫夏草は、過酷な練習に耐えているアスリートを支える、縁の下の力持ちの存在なのです。