犬のあくび

犬のあくびの意味は?

 

日頃、何気なくあくびをする愛犬を見て人間と同じように眠いんだな!と思われていませんか。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、犬のあくびは人間とは大きくその意味が違います。

 

犬は自分や相手の気持ちをを落ち着かせるために、「カーミングシグナル」と呼ばれる特殊な動作をします。

 

あくびもそのカーミングシグナルの1つなのです。

 

 

 

つまり、人間があくびをするような「眠気」や「リラックスしている」「退屈している」という状態とは、大きくその意味が異なるのです。

 

例えば、犬は見慣れない他の犬と遭遇した時に緊張感を覚え、あくびをすることがあります。

 

このようなあくびは、自分の緊張をほぐすためだけではなく、相手の犬に対して「争う気持ちはない」という意思表示のために、あくびをすることが多いのです。

 

また、飼い主が愛犬を叱っている途中に出るあくびも、飼い主に対して「争うつもりはないから、そんなに怒らないで」という愛犬からのメッセージであると考えられます。

 

決して飼い主を馬鹿にした行動ではないので、愛犬のあくびに気分を悪くして、叱ることがないように注意してください。

 

犬も人間と同じように、ストレスを感じます。そして、ストレスが重なる状況におかれると不快感が高まり、その気持ちを周囲に伝えるためにあくびをするという本能的な行動なのです。

 

犬は、いろいろな理由から頻繁にあくびをします。

 

ただし、普段よりも明らかにあくびが多くなったり、回数が増えたりした場合には、過度のストレスや体調不良を示している可能性があります。

 

犬のあくびが増えたなと感じたときは、犬がリラックスできる環境を出来る限り整え、その理由を考えてください。

 

また、あくびは病気のサインである可能性もあります。

 

つまでも改善が見られないと思ったら、すぐに獣医さんに相談しましょう。

 

あまり親しくない人に頭を撫でられたりした時など、犬が強いストレスを感じてしまう可能性があります。

 

スキンシップの途中で、犬があくびをしたら「止めて欲しい」という合図である可能性が高いため、行動を控えましょう。