癌と遺伝の関係

癌と遺伝の関係

 

 

健康診断では祖父母や親戚に癌になった経験があるかどうか?といったことを記載する欄があることと思います。

 

 

実は癌については遺伝であるといった説も根強く、実際に癌が多い家系では癌になる可能性が高いことが証明されています。

 

遺伝については体の遺伝子、すなわち細胞についても受け継いでいるため癌になる可能性がある細胞についても遺伝している可能性は大といえます。

 

遺伝だとどうすることもできないといった声も聞こえてきそうですが、ある程度は自分で予防することも可能なためやれることはやっておくのがベストでしょう。

 

遺伝で癌になるケースとして乳がんなどはその典型例となっています。

 

乳がんになりやすい体質というものが遺伝子から発見されており、それを持っている場合8割の確立でいずれ乳がんを発祥するといった説もあります。

 

これは幸いなことに癌が発生するであろう場所を切除すれば癌にならないということも判明しています。

 

乳首切除など女性にとってつらい決断にはなりますが、癌になることを考えれば切除を考えるのがベストではないでしょうか。

 

癌になる可能性がある遺伝子を持っているといわれている人でも癌にならない人もいます。

 

このように人によってまちまちなので、絶対にそうなるとは断言できません。

 

癌でなくなった人が多い家系でも、自分は癌にならなかったというケースもあるわけです。

 

癌については「癌巻」といった言われ方もされており、癌患者がいる家庭は癌になる可能性は高いということは昔から言われていることです。

 

癌については発症後、いかに早く見つけるかで状況も変わってきます。

 

初期の段階で見つけることができれば治療についても速やかに行うことが可能であり、再発の可能性もぐんと減るそうです。

 

こうしたことから癌を危惧している人は、なるべくマメに人間ドックを受けるなり工夫を凝らしたいところです。

 

人間ドックについては健康診断よりもさらに深い部分で検査を受けることができるため、効果的といわれています。