癌になる原因③

癌になる原因③

 

 

「癌になる原因はなぞも多い」といわれています。

 

現代医学は高度な技術を持っており、難易度が高い病気についても治せることが可能なケースがあります。

 

特に日本の医学は世界各国でも定評があります。

 

確かな技術が根付いており、多くの患者を救っています。

 

日本でも癌については発症率が高いことで知られています。

 

 

死因についても癌は上位です。

 

昔は癌になる人が少なかったのか?といえば、そうとは言い切れません。

 

データー上残っていないだけで、実は癌だった人もいることと思います。

 

そもそも昔の人は平均寿命が今より、ずっと短く60歳前後で亡くなる人も少なくありませんでした。

 

 

 

それが今では80歳前後まで生きる時代となっており、医学も発展しています。

 

年齢とともに病気については発症しやすくなります。

 

また早死しなくなったことで癌についても発見されたり、癌が原因で亡くなる人が増えるという傾向も考えられます。

 

このように癌については一言では言えない病気です。

 

また原因についてもまだまだなぞだらけです。

 

よく癌家系の人は癌になりやすいなんてことが言われていますが、ならない人もいます。

 

もちろんなる人もいます。

 

さらに全くそうした傾向がない家系でも、突如癌が判明することもあるわけです。

 

体質やタイミングなどさまざまなことが重なった結果としかいいがたいものがあります。

 

このように医療が発展した現代もまだまだ未解決なことは少なくありません。

 

なぜ癌になるのか、いつか解明される日がくることを願うばかりです。

 

解明されれば、癌を防ぐ方法についてもわかる可能性があります。

 

そうしたら、癌に苦しむ心配はとりあえず排除されるわけです。

 

人間の体もそうですが、科学では解明できないことはまだまだ山のようにあります。

 

いつの日か解明できればベストですね。

 

きっと解明できる日は訪れることと思います。

 

私たちができることは普段から健康に気をつかうことです。

 

その点も踏まえて、ぜひとも健康に気をつけたいところです。