がんとタバコの関係

がんとタバコの関係

 

 

タバコについては昔に比べるとかなりの人が吸わない時代となっています。

 

 

タバコについては百害あって一利なしといわれるほど体に悪いものです。

 

体に悪いとわかっていながら、やめることができない中毒性を持っているのもまたタバコの恐ろしさです。

 

タバコですが、健康被害についても深刻なものとなっています。

 

タバコの煙は子供にとっても害を及ぼしますし、また本人にとってはさらに害となります。

 

また癌は発症の原因にもなるのです。

 

特にタバコについては肺がんとも深い関わりがあることが判明しています。

 

癌になってもなおまだ、タバコがやめられないという人もいるほどです。

 

肺がんですが、タバコをすっている人は普通の人の10倍以上の確立でなるといわれています。

 

しかしヘビースモーカーでも肺がんと無縁の人もいますし、タバコを一切すわない人でも肺がんになるリスクはあります。

 

このようにタバコが引き金で肺がんになるとは断言できませんが、確立がアップするのだけは確かです。

 

癌については基本的になんでもそうですが、「○○するとなる、△△するとならない」と断言はできないものです。

 

しかしながら油断は大敵です。

 

実際にタバコの害から癌を発症したり、健康被害が出ている人がいるためです。

 

癌については大変怖い病気です。

 

生存率についても宣告され、治療についてもかなり難易度が高い治療が実施されます。

 

このようにリスクも多いことから、ぜひとも健康については今一度見直し生活態度を改めたいところです。

 

癌ですが、タバコだけではなくタバコが引き金でかかってしまうものもあります。

 

原因について1つとは限りません。

 

こうしたことから、全体像を見渡す形でぜひとも健康について再度検討してみたいところです。

 

癌にかかると自分はもちろん、家族にも大変な影響を及ぼします。

 

1人でも病人が出ると、その家庭は大変な事態になってしまうわけです。

 

タバコで癌になるリスクがあがるなら、タバコをすわなければ癌になるリスクは低下するというわけです。

 

その点についても目をむけてみましょう。