お酒とがんの関係

お酒とがんの関係

 

 

日本人はお酒好きの人種として知られています。

 

アジア各国では女性は特にお酒を飲まないといった人が多いのに対し、日本人の女性はけっこう飲む人が少なくありません。

 

特に若い世代の人は夜に晩酌をする習慣がある人が多く見受けられます。

 

芸能人については女性もがんがんお酒を飲んでいる様子が伺えます。

 

ところでお酒ですが、最初はあまり飲めなかった人もだんだん鍛えられて飲む量が増えたという人もいることでしょう。

 

それこそ毎晩眠くなるまで飲んでいるといった人も見受けられます。

 

お酒ですが、お酒を飲む人と飲まない人では癌の発症率についても異なるそうです。

 

つまりお酒を飲む人は癌になる確立が高いといえます。

 

男性については7割がほぼ毎日飲酒しているといった回答もあります。女性は1割ちょっと程度だそうです。

 

男性については飲酒の量が1日平均2合以上3合未満はがん全体の発生率が1.4倍、1日平均3合以上は1.6倍だったそうです。

 

女性については毎日など定期的に飲酒する人が少ないことから、結果はあまりわからなかったそうです。

 

いずれにしてもお酒を飲むと癌になる可能性も増えるということは確かなようです。

 

お酒については例えば缶ビール1本程度なら、そんなに影響はありません。

 

量についても考慮して、減らしてみてはどうでしょうか。

 

またいっそうのこと休肝日を設定するのも良いでしょう。

 

休肝日を設けることで、お酒の量も減少となります。

 

肝臓についても負担が軽減されます。

 

お酒については飲む楽しみがあるので、つい飲んでしまうのはとてもよく理解できます。

 

肝臓についてもお酒の飲みすぎが原因で、肝臓がんになってしまう人もいます。

 

こうしたことからやはり適度に飲むことが大事であり、また病気を防ぐ1番の対策となっています。

 

肝臓がんについては癌の中でもかなり深刻度が高い病気です。

 

なってから後悔しても後悔後たたずです。

 

癌については些細なことを気をつけるだけで、状況はがらりと変わります。