がんと食べ物の関係

がんと食べ物の関係

 

 

癌になる原因については食べ物とも関係があるといわれています。

 

戦後日本は食事ががらりと変わりました。

 

欧米化といわれる食生活へと変化し続け、高カロリーメニューが増えたのが特徴です。

 

例えばパンです。

 

パンについては小麦粉で作られています。

 

小麦粉についてはお米に比べてカロリーが高く、また食べやすいことからつい多く摂取してしまうという特徴があります。

 

食パン1切れがご飯1杯分のカロリーです。

 

となるとご飯のほうが断然腹持ちが良いことがわかることでしょう。

 

さらにお肉やパスタについてもそうしたメニューの1つです。

 

これらについても食卓の定番メニューとなっています。

 

従来の和食は魚や野菜ベースだったことから、大変な高カロリーとなってしまいます。

 

それこそ適度な量だと問題はありませんが、ついつい食べ過ぎてしまう人もいることでしょう。

 

目に見えてわかりやすいのが「肥満化」です。

 

当然ながら高カロリーのものばかり摂取しては、肥満化は避けて通れません。

 

肥満についてはさまざまな病気の原因となり、成人病や癌になる危険性もあります。

 

このようなことから癌になる危険性も高まるわけです。

 

和食ですが、ヘルシーでまた日本人の体にピッタリな食事となっています。

 

アジア人と欧米人では食事が異なるのは当然のことです。

 

体格を見ても、一目でわかりますよね。

 

和食ですが、さまざまな病気を防ぐ上でもぜひとも取り入れたい食べ物となっており、世界各国でも和食に目をつけている人が多くみられます。

 

先進国では肥満が問題視されており、成人病も増えています。

 

癌に直接結びつくとは限りませんが、健康状態が良くないことは確かです。

 

ダイエットなども含めて、取り組みを検討することが大事です。

 

癌については食生活も含めて生活習慣とも関わりがあるといわれています。

 

タバコやお酒についても癌を発症させる可能性を高めるものとなっているため、注意が不可欠です。

 

特にタバコはかなり悪影響を及ぼします。

 

習慣性があるため、なかなかやめることができないと思いますが、気をつけたいところです。