癌と低体温の関係

癌と低体温の関係

 

 

癌になる原因については実にさまざまな説があります。

 

いろいろ聞いていると、基本的にどんな人でも癌になる可能性はゼロとはいえません。

 

またこんなこともいわれています。

 

それは「低体温」の人です。

 

最近は低体温の人が増えつつあります。

 

特に女性は要注意です。

 

体が冷えやすい人、また普段から寒がりの人は低体温について注意をすることは不可欠となっています。

 

体温を測っても36度を超えないといった人は要注意です。

 

35度台だと病気になりやすく、また癌も発症しやすい環境となります。

 

体質もありますが、食生活で改善されることもあるため食事療法からスタートしてみるといいでしょう。

 

例えば根菜をたっぷり取るというのもおすすめです。

 

おつゆについては、根菜をたっぷり取る場としても最適な場となっています。

 

意識的にたっぷり根菜を入れて、おつゆを作りたいところですね。

 

ダシについてもこだわってみると、楽しみつつ料理ができることと思います。

 

またおつゆに生姜を入れるといった手もあります。

 

生姜については体の温度を上げるのに効果的です。

 

しかも生姜と味噌はとてもあうので、意外といけるメニューとなっています。

 

また生姜系にこだわって調理するのも良いでしょう。

 

生姜ご飯などもおいしいものです。

 

野菜炒めにしょうがを入れたり、生姜湯を飲むのも良いかと思います。

 

生姜は癌にも効き目があるので、それこそ一石二鳥です。

 

女性は出産を経験する人も多いことでしょう。

 

それこそ出産では体力勝負です。

 

体温をあげてしっかりした体作りを実施したいところです。

 

食事についてはこのように自分の意識で改善できます。

 

また自分だけではなく、家族の健康を考えて献立を組み立てたいところですね。

 

栄養バランスについても考えつつ、おいしい食卓が実現できれば本望かと思います。

 

健康第一に、そして癌にも強い体作りにとぜひともがんばってみてください。

 

きっと努力は実るはずです。

 

そして健康で長生きできる人生を歩めることでしょう。