ユーグレナの組成と特徴

ユーグレナの組成と特徴記事一覧

ユーグレナのミネラル

ミネラルミネラル(mineral)は、一般的な有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外の必須元素である。無機質、灰分(かいぶん)などともいう。糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられる。日本では13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウ...

≫続きを読む

ユーグレナのビタミン

β-カロテンβ-カロテン(ベータカロテン、ベータカロチン、β-carotene)は、植物に豊富に存在する赤橙色色素の一つ。両末端にβ環を持つ最も一般的なカロテンである。ビタミンAの前駆体(不活性型)である。テルペノイドの一つであり、水には溶けないが脂溶性は大きい。分子構造はKarrerらによって推定...

≫続きを読む

ユーグレナの不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん、unsaturated fatty acid)とは、1つ以上の不飽和の炭素結合をもつ脂肪酸である。不飽和炭素結合とは炭素分子鎖における炭素同士の不飽和結合、すなわち炭素二重結合または三重結合のことである。天然に見られる不飽和脂肪酸は1つ以上の二重結合を有...

≫続きを読む

ユーグレナの効果効能・安全性試験結果

ユーグレナの効果効能・安全性試験結果東京大学などで研究され、豊かな太陽とミネラル豊富な水、澄んだ空気が揃う石垣島で培養したミドリムシ(学名:ユーグレナ)。「ユーグレナ・ミドリムシ」は、ミドリムシのリーディングカンパニー「株式会社ユーグレナ」が自信を持ってお届けする、高品質・安心・安全なミドリムシをお...

≫続きを読む

ユーグレナの栄養吸収効率

豊富なビタミンやクロロフィルなどを植物から摂取する場合、人間には植物細胞特有の細胞壁を分解するセルラーがないため、栄養素を吸収できません。通常、加熱や切断により細胞壁を破砕しますが、吸収効率は非常に低くなります。動物細胞の場合、細胞壁のみであるため、消化され栄養素を吸収できるのです。

≫続きを読む

ユーグレナのアミノ酸

アミノ酸アミノ酸(アミノさん、英: amino acid)とは、広義には(特に化学の分野では)、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。分子生物学な...

≫続きを読む