犬の癌(がん)や病気に!ペットサプリメントの通販|ベストライフデザイン

ベストライフデザインでは、犬の癌(がん)や病気の早期発見、早期治療の為に愛犬の健康チェックの方法をご案内しています。また期待できるペットサプリメントもご紹介しています。

 

犬のがん・腫瘍に理想の食事療法

 

 

 

 

犬のがん・腫瘍に理想の食事療法

 

 

 

 

 

 

犬の癌や病気を撃退する免疫サプリメント!

 

全国の獣医師から多くの実証と推薦をいただいております!

 

 

 

ある日突然、その時はやってきた!

 

 

 

犬の様子がおかしい?

 

 

いつもと何かが違う? 食欲がない?

 

・・・・・何かの病気!?

 

 

 

病院で宣告された、聞きたくなかった言葉。

 

 

 

それは「残念ですが末期癌です。」 

 

という残酷なことば、、だった。

 

 

 

えっ? なんで急に! 嘘でしょ!

 

・・・・・頭が真っ白になった。

 

 

 

突然そんなこと言われても・・・

 

信じられない!

 

昨日まで、あんなに元気だったのに 

 

 

 

人間の子も、愛犬も愛猫も、

 

あなたにとって愛する家族ですよね!

 

 

 

悲しいですね!

 

でも、、、、現実なんです。

 

 

 

この気持ちは

 

実際に味わったことがない人にはわからない!

 

 

 

もしあなたが、私と同じ気持ちを味わっているのなら

 

 

愛犬家のひとりとして、少しでもお役に立てればと

 

 

こころからそう願っています。

 

 

愛犬と癌との闘いの実話

 

獣医も驚愕!余命1ヶ月宣告から2年数ヶ月間元気に過ごした奇跡
乳腺腫瘍が1ヶ月で消滅した11歳小型犬の実証
起き上がれないほど衰弱した大型犬の1週間での回復
小型犬の肺腫瘍が40日で3分の1に縮小した驚きの報告
散歩不能の胃がんのGレトリバーが、3ヶ月で元気にお散歩へ

 

 

犬の癌を撃退したサプリメントはこちらです!

 

 

6000円(税込)

 

※人間が服用しても全く問題ありません。

 

 

商品のお申し込み方法はこちら

※商品のご購入は、こちらのリンクからお願いします。

 

 

リピーターのお客様はこちら

 

※既にご登録されている方は、こちらからリピート専用のお申し込みができます。

(クレジットをご利用の場合は、クレジットカードボタンからも入力が必要です。)

 

 

 

クレジットカードのご利用※新規の方は最初に購入登録をお願い致します。

 

※paypalよりカード情報をご入力ください。

※購入登録とクレジットカードの情報入力は注文の重複にはなりませんのでご安心ください。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがもしも、愛犬に抗がん剤治療を考えているのなら
    この動画を見てから判断することをお勧めいたします。

 

        ほとんど知られていない抗癌剤の実態とは?

 

(youtubeに切り替わります。戻る場合はブラウザの  でお戻りください。)

 

 

 

人間も犬や猫も病気を治す根本療法は、免疫力を向上させることが最重要なのです!

 

人も犬も生まれながらにホメオスタシス(自然治癒能力=免疫力)がカラダには備わっています。健康な体であれば、発生した癌細胞を免疫(NK細胞)が攻撃して撃退してくれます。 しかし、何らかの理由により免疫力が衰えてしまうとガン細胞を撃退できず、癌を発症してしまうのです。抗癌剤や手術などはあくまで対処療法にすぎません。
免疫力さえ強ければ、動物は自らの力で癌を撃退する力を持っているのです。
コルディMは、この免疫力を活性化することが証明されています。

 

 

コルディ愛用者の声

 

 

 横浜市 遠藤様

うちの犬は、トイプードルの「ユウ」と言います。3歳の男の子です。

 

先日、虚勢手術をしましたが、経過があまりよくないようで、以前はかなりのヤンチャで元気すぎるくらいでした。


獣医の先生は、そのうち元に戻りますよ。と言っておりましたが、1ヶ月以上経っても以前の元気な姿は戻らず、心配していました。

 

何かいいものはないかとネットで探していたところ、同じ横浜市の方のサイトを見つけ、メールにていろいろ相談させて頂きましたね!
その節は、ご丁寧にアドバイスいただき本当にありがとうございました。

 

コルディを食べさせてから、1ヶ月も経たないうちに以前の元気なユウにもどり、びっくりしたのと感謝の気持ちでいっぱいになりました。このことがきっかけで、お会いすることも出来、本当に良かったと思います。
これからもコルディ共々、宜しくお願いいたします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 横浜市 金子様

この写真のワンコは、妹の家で生まれた3匹のトイプーの1匹です。名前は「ルル」といいます。2歳の女の子です。

 

実は、もう1匹、元々飼っているパピヨンの「パピ」という8歳の男の子もいるんです。ルルの義理のお兄ちゃんです。

 

 

塩澤さんとはお友達なのでケンちゃん(シーズーのケンタのことです。)とは、もう7年くらいの仲良しなんです。うちのパピも8歳という年齢になり、何か健康にいいものをと考えていました。

 

2年前にケンちゃんの病気のことを聞いていましたので、その時は本当にショックでした。

 

でも、1年経っても、2年経っても毎日散歩に行って、元気な姿を日々見ておりましたので、わたしも同じものを与えてみようと紹介してもらったのがコルディでした。

 

もともと、大きな病気は今のところなかったのですが、突然「末期癌」という宣告をされた塩澤ママさんの状況を考えると、何かあってからでは遅いんだと改めて考えさせられました。

 

うちは、子供がいないので2匹のワンコたちは、本当の家族と一緒です。いつまでも元気でいて欲しいので健康のために、これからも食べさせていくつもりです。これからもずっとイヌ友として仲良くしてくださいね!^^
宜しくお願い致します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 東京都文京区 河原田様

我が家では、ラブラドールを4匹飼っており、最近お友達のラブラドールが相次いで3匹も癌で亡くなってしまいました。

 

お友達の悲しみはもちろんですが、私も、いつか同じ思いをするのかと思うとやりきれない気持ちでいっぱいになりました。

 

今のうちから、何か犬たちにとって、健康を助けてくれるようなものはないかといろいろ探していたのです。

 

そんな時、このサイトにたどり着き、内容を読み進めていくうちに試してみようと思わずその場で「コルディ」を申し込みました。
それから、約3ヶ月が過ぎ、愛犬たちに変化が起こってきたのです。

 

明らかに4匹とも以前より元気になっていて、じゃれあうことが多くなりました。食欲も増していて、とにかく以前より活発になったことは間違いありません。考えられる原因は、3ヶ月前から与えだした「コルディ」の効果としか考えられません。

 

我が家は、4匹で大変ですが、悲しい思いをすることに較べれば、愛犬たちが元気でいてくれることの方が最優先なのは当然です。これからも、我が家の家族の“4匹”ができるだけ元気で過ごせるように、みどりむしは与え続けていこうと思っております。すばらしいサプリをご紹介して頂き心から感謝しております。取り急ぎ、近況のご報告まで。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 横浜市 吉沢様

うちには、8歳と2歳のチワワがおります。写真の子は8歳の方です。
この子は、大腸が狭くなって、ウンチが思うようにできず、昨年手術をしました。

 

年齢のせいもあるのかもしれませんが、手術後元気がなくなり、心配して獣医さんにも相談しておりました。

 

もう少し、様子をみましょう。とのことでしたが、3ヶ月以上経っても状態は変わらず何か良いものはないかと、いろいろ調べていたところ、「コルディ」のことを知りました。

 

うちの子達は、かなり小型犬のため、食べてくれるのか心配でしたのでカプセルから中身の粉末だけをエサにかけて食べさせております。はじめから全く問題なく食べてくれたので安心しました。

 

与え続けてから1ヶ月ほど経った頃、8歳の子が、急に元気になり、驚きと嬉しさでいっぱいになった事を今でもハッキリ覚えております。

 

本当に良いものをご紹介していただきましてありがとうございました。
これからも与え続けていきますので宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇

 

 

緊急な状況で、最大限の治療を望んでいる方は
【コルディM】をお勧め致します。

 

 

 

 

コルディMとは?

 

コルディMは、犬や猫の癌を改善させる目的で開発されたサプリメントです。
一般的に流通しているサプリメントとは根本的に大きく異なります。

 

それは、国産の冬虫夏草にこだわり、原料の採取から培養、商品化まで、すべて国内で行っております。近年は、外国産のペットフードが大きな問題となっていることもあり、外国産を心配する飼い主様にも安心してお使いいただけるよう配慮いたしました。また、保存料も一切使用しておりません。

 

他にも独自製法を採用しているため、製造工程で基準に達しないものはためらわずに破棄します。それにより良質な性能の納得できる商品だけをお届けしています。

 

また、癌治療(放射線・手術など)と併せることが可能です。免疫療法、インターフェロン、オゾン療法との併用も大丈夫です。癌治療の効果を引き上げ、副作用や後遺症の軽減が期待できます。

 

コルディMの単独使用でも反応は早めに現れやすく、1ヶ月程ほどでその効果が判断できる事例が多数報告されております。また、コルディMは、獣医師にも認められるレベルの商品として開発されており、コンセプトは抗癌剤の作用とはまったく異なります。

 

抗癌剤が犬や猫たちの体力の消耗と引き換えに癌抑制効果を得ようとするのに対して、コルディMは体力、免疫力の改善を促し、更に良い状態に持ち込むことを目的としています。

 

また、獣医師に宣告された余命を大幅に延長するケースは、珍しいことではありません。
獣医師が首を傾げるほど良好な経過をたどっていると、嬉しい連絡をいただける飼い主様も沢山いらっしゃいます。

 

 

実際にコルディMを取り入れ、奇跡のような改善例が報告されているので
ご紹介させていただきます。

 

  

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

15歳の高齢パピヨンのかなり進行した乳腺腫瘍(乳癌)でした。厳しい状態でしたがコルディEXにより劇的に回復。飲用とスプレー塗布を併用しました。手術も全身麻酔も抗がん剤も使用することなく、最期まで元気に苦しむことなく天寿をまっとうすることができました。かも動物病院は代替療法による乳腺腫瘍の克服を目指しています。弊社サプリメントが役だったことを嬉しく思うと同時に、代替療法の普及によってより多くの犬が救われることを切望します。

 

 

 

ラブラドールレトリバーの口腔メラノーマ(悪性黒色腫)の代替療法のひとつとしてコルディMが役立っています。口腔メラノーマは再発管理が難しいのですが、長期間コントロールできています。がん治療は多方向からのアプローチが重要だとわかる症例です。学会報告や専門誌で取り上げられ、論文報告もされている症例です。

 

 

猫の肺腫瘍の改善例をレントゲン写真で報告します。治療開始時には複数の異常な影が写っていましたが、2ヶ月弱で消えています。原発性であっても転移性であっても、肺腫瘍は治療困難の疾患です。もちろん抗がん剤でもこうはいきません。無理な検査や治療を試みるよりも、リスクのほとんどないコルディMを試すことは有益だと考えます。本症例は肺腫瘍であっても、著しい改善を得られる可能性を示唆しています。

 

 

肺全体に腫瘍が見られる猫のリンパ腫が、約1ヶ月という短期間で改善しています。抗がん剤を使わずに寛解に持ち込んでいるのですから、今までの常識からすれば驚異的です。治療前後のレントゲン写真があります。サプリメントに理解の深い佐々木動物病院に受診してもらい、本当に良かったと思います。     

 

※上記データはメーカーより正規代理店として掲載許可を頂いています。

 

 

 

免疫力を高めることの重要性

 

コルディMは、犬と猫の免疫を考えたサプリメント(健康食品)です。
健康の維持や、癌などの病気治療を補強するために開発されました。

 

免疫とは、体に備わる大切な防御メカニズムです。
24時間働き続けて、や感染症などの病気から犬と猫の健康を守っています。

 

このとては頼もしい免疫ですが、過信は禁物です。
なぜなら、ストレスや食事の乱れ、運動不足など、意外に簡単なことで免疫の働きは低下してしまうからです。
そして、人間と同じく“加齢”は免疫を低下させる大きな要因となります。

 

免疫の働きと癌の発生には明らかに大きな関係が存在します。
コルディMは、免疫の働きを正常に、そして強化してくれる効果があります。

 

癌の治療中だけでなく、手術後の再発予防や日々の健康維持にもお役立て下さい。
病気になってからでは大変です。日頃からの予防が大きな違いとなってきます。

 

免疫細胞はお互いに連携を取り合って癌細胞を発見・認識・攻撃します。

 

犬も猫もそして私たち人間も簡単に癌にならないのは免疫の働きによるものなのです。

 

 

動物の体の中では、毎日数百~数千個の癌細胞が発生していると考えられていますが、その殆どの癌細胞は免疫によって排除されています。

 

免疫が正常に働かなくなったとき、癌細胞の排除が間に合わず、増殖を許すことになるのです。
手術や抗癌剤治療を行なっても、現実にはわずかに癌細胞を取り残します。免疫面の取り組みを開始して、癌の成長を抑える必要があります。

 

コルディ・Mで、大切な家族である愛犬と愛猫の健やかで楽しい生活をお過ごしください。

 

 

コルディMとの出会い

 

 

冒頭にも触れましたが、私自身も犬4匹と暮らしている一愛犬家です。
ある朝突然、何の前触れも無くそのときがやってきました。

 

朝、犬たちのごはんの準備をしていると、ベットであるソファーから全員が飛び降りてきますが、
父親犬のケンタだけがぐったりしていて降りてきません。

 

こんなことははじめてなので瞬間的に具合が悪いのだと感じました。
良く診ると歯茎が真っ白で全く元気がありません。

 

慌てて獣医さんに診てもらうと、レントゲンには大きな影があり、大きな病院でMRIを撮ってもらったほうがいいとのことでした。翌日の朝一番で川崎にある、日本動物高度医療センターで検査してもらいました。

 

その結果は、「末期の肝臓がんです。動脈を巻き込んでいて手術は不可能です。余命は1、2ヶ月でしょう。」

 

同席していた妻は泣き崩れ、私も頭が真っ白になってしまったのでした。

 

このことがキッカケであらゆることを調べ辿りついたのが「冬虫夏草:コルディM」だったのです。

 

ケンタは、2年2ヶ月もの間、毎日元気に散歩へ行き、食欲も旺盛でした。
最期の日は、検査のため採血をしてもらうためにいつもの獣医さんのところへ連れて行き仕事に向かいました。

 

数時間後、獣医さんから連絡があり、ケンタが急変したとの事でした。
わたしは、仕事のため戻れず、妻が駆けつけたとき、待っていたかのように、止まっていた心臓が動き出し、最期は妻の腕の中で安らかに旅立ちました。

 

死因はハッキリしませんが、採血の際の注射がショック状態を引き起こしたようです。

 

詳細については、http://headachereliefs.com/ をお読みください。

 

その後、ケンタのブログを読まれた多くの方から冬虫夏草コルディMのお申し込みを頂くようになり、私と同じ思いをされている方が多くいるのだということを改めて強く感じたのです。

 

わたしは、その場で電話をして、あらゆることを聞きまくりました。非常に丁寧な説明を頂き、よろしければ一度お会いしてお話ししましょう。と言っていただいたのです。

 

数日後、渋谷で待ち合わせをし、会食をしながら4時間にわたりお話しをしていただきました。
お会いした方は、メーカーの商品開発や全国の動物病院にコルディMを普及させ、獣医師にも全幅の信頼をお持ちの薬剤師さんでもあります。

 

わたしは、コルディMを同じ苦しみで大変な方に少しでもお役に立てればとの思いで正規代理店の提案を致しました。結果、こころよく受諾して頂きコルディMをご紹介することで癌の撃退や犬の病気に大いに期待できることを確認したのです。

 

コルディMは、動物病院での改善報告や獣医師の具体的な検証が多く存在しております。

 

商品開発者との本音の話と、実例に基づく多数の事例を考慮して、コルディMを犬や猫の癌や病気でお困りの方に、少しでもお役に立てればとの思いで、新たに取り扱いすることに決めたのです。

 

 

 

 

 

 

 

製品の表示

 

商品名 コルディ・M
原材料名 日本産冬虫夏草培養物、玄米
内容量 30g
保存方法 直射日光を避け、湿度の低い涼しい場所に保管してください。
注意事項 万一体質に合わない場合、また妊娠中や妊娠の可能性がある場合はご使用をお控えください。
販売価格 30g入りボトル 5556円(税抜)
その他 コルディ・Mは微粉タイプです。水には溶けきりませんが、よく混ざります。自然な風味があります。漢方薬に比べるとかなり与えやすいと獣医師にコメントをもらっています。1ヶ月内に元気・食欲の改善などの良い反応が見られるときは、継続をお奨めいたします。

 

同封のスプーンすりきりで1gです。

 

投与量目安

 

コルディMの推奨投与量は状況によって変わります。以下をご参考にしてください。

 

健康な犬猫の癌予防

 

高齢の犬や猫の癌発生率の高さは尋常ではありません。癌は発見される数年前には発生しているのですから、健康なうちからの取り組みが重要であることはおわかり頂けると思います。
発生初期の癌は検査で見つけることはできず、予防に使える医薬品もありません。免疫の働きに頼るしか方法がないのです。

 

コルディMの推奨1日量:体重1kgあたり0.04g

 

癌予防時の投与量

体重 1日の量 日分/30g
2.5kg 0.1g 300日分
 5kg 0.2g 150日分
10kg 0.4g  75日分

※毎日与えられなくても、各種ワクチン接種の前後、病中病後、元気・食欲不振時などの免疫不調が心配な時にお与えください。

 

発がんリスクの高い犬猫の癌予防

 

10歳を超えた犬猫、癌発生率の高い犬種(ゴールデンレトリバー)、発癌ウイルス(猫白血病ウイルス、猫エイズ)に感染している猫などは、発癌リスクが高いため、癌対策が必要です。

 

コルディMの推奨1日量:体重1kgあたり0.1g

 

高リスクの犬猫の投与量

体重 1日量 日分/30g
 2.5kg 0.25g 120日分
  5kg 0.5g  60日分
 10kg 1g  30日分

※毎日与えられなくても、各種ワクチン接種の前後、病中病後、元気・食欲不振時などの免疫不調が心配な時にお与えください。

 

がん治療時

 

悪性リンパ腫、乳腺腫瘍、血管肉腫、メラノーマ、その他各種の癌が見つかったときは、早急に体力面と免疫面からの取り組みを開始してください。詳しい検査結果が出るのを待つ必要はありません。

 

コルディMの推奨1日量:体重1kgあたり0.4g

 

がん治療時の投与量

体重 1日量 日分/30g
2.5kg 1g 30日分
 5kg 2g 15日分
10kg 4g 7.5日分

※基本的に毎日、朝夕に分割して与えます。手術の前後、抗癌剤治療中は欠かさないようにお願いいたします。

 

 

免疫力を高め『犬の癌』を撃退するサプリメント!

 

 

 

商品のお申し込み方法はこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

大切な愛犬がある日突然『癌』と宣告されたら・・・

 

 

※ youtubeに移動します。(1分24秒)戻る時はブラウザの ← でお戻りください。

 

 

余命1ヶ月の宣告から2年以上も元気で過ごした愛犬ケンタの奇跡